非モテなのは今に限った事ではなく、ずっと昔からなんですよね(笑)。
モテた経験なんか一度だってない、2人にはモテ期が必ずやってくるなんて言われるけれど、僕の場合はそれに当てはまらないって感じがします。
小学校の時だって、中学校の時だって、高校の時だって女の子と付き合った経験なんか一度もありません。
それは大学になっても同じだったんです。
大学ってすごくたくさんの人たちが集まってくる場所だから、もしかしたらって期待感は持ってはいたんですけれど、淡い期待に終わってしまったのでした。
モテない男はどこまでいってもモテることがない、非モテな僕がいるんだから間違いがないでしょう。
これだけ周囲にたくさんの女の子たちが存在しているんだけど、まったく恋人を作ることができなかったのです。
だから欲求不満で、キャンパスに行くだけでもチンコが勃起しちゃうって感じ。
シコシコやりながら、あんな女の子たちとセックスできたら楽しいだろうなって想像ばっかりでした。
童貞なのかといえばそんなことはなく、これでも何度かソープランドには出かけたことがあるんです。
だけど素人の女の子とは、たった一度限りだったんですよね。
それも行きずりって感じで、1回経験したのみだったんです。
彼女ができれば毎日のようにセックスしたいなって思ってたけど、作れる気配はまったくありませんでした。
社会人になったら、さらに出会いなんてこれっぽっちもないって感じ。
ただひたすら仕事をしているだけの人生は、何とも言えずに悲しさを感じてしまっていました。
社内のイケメンや面白いやつらは、女子社員と仲良くなったりとか、別のところで彼女作ったりして楽しんでいるみたいでしたけれど、僕はそんなおいしいことひとつもなかったのです。