完全無料で出会いを探すことができる出会い系アプリのぎゃるるを使って、せふれを探してセックスを楽しむことにしました。
非モテの僕でもセフレだったら何とかなる、そんな気持ちがあったのです。
ユーザーが多いと言う事は出会いがそこにはあると言う事になります。
きっと素晴らしいセックス経験をすることができるに違いない、そう考えたのでした。
プロフの写真に、まるで能年玲奈ちゃんみたいな感じの可愛い写メを掲載している女の子がいて、あまりにも可愛いので声をかけてしまったのでした。
すると、すぐに返信がやってきて、やりとりを始めていく事ができたのでした。
セックスを前提とした女の子だったから、話はトントン拍子に進んでいきました。
能年玲奈ちゃんみたいな女の子と知り合うことができて、ハイテンション状態の僕。
非モテな僕がこんな可愛い女の子とセックスできるなんて、信じられない気持ちだったけれど、悦びは激しく増す一方でした。
こんな可愛い女の子とせふれとして出会える、これってやっぱりアプリのすごさなのかもしれないと思ったのです。
待ち合わせ場所も決めることができ、かなり軽い足取りでそこまで出かけていったのです。
あんな可愛い女の子とラブホテルに入る事ができる、人生で大きなターニングポイントになるだろうなんて思っちゃったんですよね。
ところが…あれ?と思うような展開になっていってしまったのです。
待ち合わせ場所で会った女の子、能年玲奈ちゃんとはまったく違った、かなり太った女でした。
しかも、伊集院光を女にしたようなデブスがやってきたのでした。
それを見てただ呆然と立ち尽くしている僕がいました。

しかし、セックスさせてもらえるんだからという気持ちに切り替えて、渋々ホテルに入っていく事にしたのです。