能年玲奈ちゃんとヤレると思っていたのに、やってきたのは伊集院光でした。
それでも会ったんだから、オマンコに挿入しなければもったいないと考えてホテルに入ったのです。
しかし、さすがにデブスでは、いくら非モテな僕でも心が燃えることはありません。
しかし挿入してパコパコしてエロい声聞けば、少しは興奮ができるだろうという期待感も持っていたんです。
だけど、そんな期待も裏切られることになってしまいました。
相手は反応しないのです。
マグロを抱いているって感じで、パコパコやってもちっとも面白くありませんでした。
たった30分で終わっちゃって、しかも帰り際に2万円要求されてしまったのです。
本当になんだかなって感じで、物凄い味気ないセックスをして2万円も渡して、それで帰宅って感じでした。
デブスとセックスをして、まったく燃えることなく、オナニーいかも感じだったので、それを同僚に話してみたのです。
「出会い系アプリのぎゃるるを使っちゃったのか?そりゃ失敗もするわな」
そう言って笑ってきました。
「失敗?そうなの?」
「すぐにセックスの約束できて待ち合わせしたんだよな。
それに30分で終わっちゃったんだろう、それは100%素人ではなく援デリって業者だよ」
「ええ…素人じゃなかったの?」

「業者のことも知らないで無料のアプリ使っちまったのか。
それじゃ騙されちまうのも無理はない」
僕が待ち合わせしたのは素人の女の子ではなくて、業者が派遣した女だったみたいでした。
業者っていったいなんなの?って感じですよね。
僕はその所の事情は少しも知りませんから、彼がなにを言っているのか理解することができていませんでした。
詳しい話を聞いていくうちに、なるほどと納得することがたくさんありました。